宮城のニュース

<ハマテラス>タイル壁画 片岡鶴太郎さん制作

壁画「女川賛歌」の除幕式に参加した(左から)阿部さん、片岡さんら

 宮城県女川町に23日開業した商業施設「地元市場ハマテラス」前に、タレントで画家の片岡鶴太郎さんが制作したスペインタイル製の壁画「女川賛歌」が完成し、同日、除幕式があった。
 作品は縦1メートル、横1.4メートルで、女川港に水揚げされるヒラメやアンコウなど6種の魚介類が描かれている。東日本大震災後、がれきに覆われた町に彩りを取り戻そうとスペインタイルの工房「みなとまちセラミカ工房」を町内に開いた阿部鳴美さん(55)と共同制作した。
 片岡さんは今年3月、テレビ番組の撮影で町を訪問。除幕式では「甚大な被害を受けてもなお海と共に生きるようとする町民に魅了された。壁画と一緒に私もこの町にいると思ってほしい」と話した。


2016年12月24日土曜日


先頭に戻る