青森のニュース

<八角堂>奈良美智さん新作お披露目

八角堂の中で、奈良さんの「Miss Forest 森の子」とパチリ
美術館の壁面に映し出された雪の結晶=23日午後5時ごろ

 青森県立美術館(青森市)で23日、弘前市出身の美術家奈良美智さんの新作オブジェ「Miss Forest 森の子」がお披露目された。
 作品を設置するために改修していた同館敷地内の「八角堂」のオープニングセレモニーが行われ、約200人が集まった。あいさつした奈良さんは「森の子と一緒に写真を撮るときは、後ろからひょっこりと顔をのぞかせてみて」と語り掛けた。
 見学者は八角堂につながるらせん階段を上り、天井のない堂内で地面から天に伸びるように設置された「森の子」に対面、間近で表情や質感を楽しんだ。
 青森市戸山中1年の櫛引葉那さん(13)は「少し笑った表情がかわいかった。雪が降ったところも見てみたい」と話した。同館の外壁に雪の結晶や月などを映すクリスマスライトアップも行われた。25日まで午後4〜6時に実施する。連絡先は県立美術館017(783)3000。


関連ページ: 青森 社会

2016年12月25日日曜日


先頭に戻る