宮城のニュース

冬休みの宿題お手伝い 大学生が小中生支援

東北学院大生(左)に質問しながら自習する小学生=28日、多賀城市高崎中

 東北学院大の学生ボランティアが、冬休みの小中学生の学習を支援するウインタースクール「多賀城スコーレ」が26〜28日、多賀城市市民活動サポートセンターと同市高崎中の2カ所であった。
 事前に申し込んでいた市内の小学4年生〜中学3年生約100人が参加。冬休みの宿題や苦手な教科の問題集を持ち込み、学生8人と地域住民2人のボランティア計10人に質問しながら自習に取り組んだ。
 多賀城小4年の尾花心優(みゆ)さん(10)は「優しく、分かりやすく教えてもらえて良かった」と笑みを浮かべた。同大文学部1年の鈴木健也さん(18)は「子どもに合わせて教え方を変える大切さを学べた」と振り返った。
 多賀城スコーレは、市と市内にキャンパスがある同大の連携協定に基づく取り組み。夏休みにはサマースクールを実施し、7年目を数える。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月29日木曜日


先頭に戻る