宮城のニュース

災害時協力、地域見守り色麻町と郵便局連携

早坂町長(中央)と協定を結んだ郵便局長ら

 色麻町は27日、町内の王城寺原、色麻両郵便局、大崎市の古川郵便局と、災害発生時の協力や地域の見守りなどに関する連携協定を結んだ。
 災害発生時は緊急車両の提供をはじめ、避難所開設状況や本人の同意に基づく被災者の避難先リストといった情報を提供する。見守りは郵便配達などの際に高齢者宅の異変や不審者、不法投棄、道路破損を見つけた場合、町の担当課に連絡する。
 町の経済活性化に向け郵便ネットワークを活用したふるさと納税支援、ふるさと小包による特産品の取り扱いも行う。
 町役場であった調印式で早坂利悦町長は「業務で各家庭を回る郵便局の力を借りられるのは地域の安全安心にとって大きい」と感謝した。王城寺原郵便局の鈴木護局長は「町との連携を密にして安全安心の町を築きたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月29日木曜日


先頭に戻る