宮城のニュース

全日本優勝を報告 仙台大の小室さんら

全日本選手権での優勝を報告する宮嶋さん(左)と小室さん

 25日に長野市であった全日本スケルトン選手権で優勝した仙台大の客員研究員小室希(のぞみ)さん(31)=宮城県村田町出身=と体育学科3年宮嶋克幸さん(21)が27日、柴田町の同大を訪れ、阿部芳吉学長に結果報告をした。
 8年連続9回目の優勝を果たした小室さんは「昨年アキレス腱(けん)を切って、動きを取り戻せるかが課題だったが、平常心で競技に向き合うことができた」と語った。初優勝となった宮嶋さんは「(2014年の)ソチ冬季五輪の代表選手に勝つことができ、自信になった」と笑顔を見せた。
 2人は18年平昌冬季五輪の出場にも強い意欲を示した。阿部学長は「今後の大事な試合にもベストコンディションで臨んでほしい」とエールを送った。


2016年12月28日水曜日


先頭に戻る