宮城のニュース

<高校ラグビー>仙台育英圧勝 2回戦へ

 第2日は28日、東大阪市の花園ラグビー場で1回戦を行い、宮城代表で21年連続23度目出場の仙台育英が若狭東(福井)を54−10(前半35−10)で下して勝ち上がった。初戦突破は2年連続。2回戦は30日午前10時15分から、中部大春日丘(愛知)と対戦する。
 今大会8強入りを目標とする仙台育英は前半に早くも5トライを奪い主導権を握った。後半も3トライを加えて圧倒した。
 青森北は土佐塾(高知)を26−22(前半5−10)で退け、黒沢尻工(岩手)は35年連続出場の佐賀工に12−64(前半7−28)で完敗した。
 山形中央は松山聖陵(愛媛)と対戦。


2016年12月28日水曜日


先頭に戻る