岩手のニュース

<鳥インフル>岩手3市の3羽 簡易検査陽性

 岩手県は27日、一関、花巻、大船渡各市でそれぞれ回収したオオハクチョウなど3羽の死骸の簡易検査で、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。北海道大で確定検査をする。県内での同ウイルス確認は計12例となった。
 県によると、一関市花泉町の路上で21日、オオハクチョウ1羽の死骸が見つかった。花巻市石鳥谷町の水田では22日、死んでいるコハクチョウ1羽を発見。大船渡市大船渡町の住宅街の水路でも22日、オオバン1羽の死骸が見つかった。


関連ページ: 岩手 社会

2016年12月28日水曜日


先頭に戻る