広域のニュース

バス安全対策の法成立1位 2位台風豪雨

◎東北運輸局10大ニュース

 東北運輸局は、東北の運輸と観光に関する今年の十大ニュースを発表した。1位には貸し切りバスの安全対策の強化に向けた改正道路運送法の成立を挙げた。長野県で1月に起きたスキーバスの事故を受け、事業者に許可の更新制を導入するなど安全対策の動きが進んだ。
 2位には、8月の台風10号豪雨で岩手県を中心に大きな被害が出たことが入った。3位は北海道新幹線の開業。青森、函館で観光キャンペーンが続き、青函間で観光客が増加したことで票を集めた。4位に、福島県沖で11月に発生した地震で5年8カ月ぶりに管内に発令された津波警報を選んだ。
 東日本大震災からの復興関連では、JR常磐線で復旧が順次進んだことが5位。政府が東北観光復興元年と位置付けたことが8位に選ばれた。
 運輸局が十大ニュースをまとめるのは初めて。各部署が挙げた45項目から約400人の職員による投票で順位を決めた。


関連ページ: 広域 経済

2016年12月28日水曜日


先頭に戻る