広域のニュース

<ノロ大流行>山形や宮城などで警報

 国立感染症研究所は27日、ノロウイルスなどが原因の感染性胃腸炎の1医療機関当たり患者数が、直近1週間(12日〜18日)で20.89人となり、大流行した2012年(19.23人)を上回ったと発表した。
 厚生労働省によると、現行の統計を始めた1999年以降、20人を超えたのは06年(22.81人)以来、10年ぶり2回目。
 ノロウイルスは感染すると、1〜2日の潜伏期間の後、嘔吐(おうと)や下痢を繰り返す。保育所や幼稚園、学校などで感染が広がることが多い。厚生労働省は手洗いや消毒を徹底するよう呼び掛けている。
 全国に約3千ある定点医療機関から報告された患者数は1週間で6万6015人。1医療機関当たりの患者数が多かったのは、山形(47.27人)、宮城(34.08人)、埼玉(31.66人)、宮崎(30人)、富山(29.24人)だった。21都府県で流行警報の基準となる20人を超え、猛威を振るっている。東北は他に青森(10.83人)、岩手(13.98人)、秋田(9.4人)、福島(21.67人)だった。


関連ページ: 広域 社会

2016年12月28日水曜日


先頭に戻る