山形のニュース

<山形知事選>吉村氏 2回連続無投票か

吉村美栄子氏

 任期満了に伴う山形県知事選(来年1月5日告示、22日投開票)は、告示まで1週間となった。3選を目指す現職の吉村美栄子氏(65)以外に動きはなく、2013年の前回知事選に続き2回連続で無投票となる公算が大きい。
 吉村氏は県議会9月定例会で、「県民党」の立場から無所属で立候補する意思を表明した。今月、県民総活躍、県土強靱(きょうじん)化など五つの政策の柱と、具体的な政策の数値目標を公表した。
 選対はいったん主要5政党に推薦を要請する方針を決めたが、県議会最大勢力の自民党の推薦が見込めないことや、自民への推薦要請に反発する共産党への配慮から見送りを決めた。
 民進、共産、社民の3党は過去2回と同様、支持や支援の形で吉村氏を支える見込み。独自候補擁立を断念した自民県連は吉村氏との対決姿勢を崩しておらず、態度決定を見送るとみられる。公明党は機関決定しない可能性が高い。
 吉村氏は、約2000人を集めて山形市で24日に開いた総決起集会で「山形県は進化し続けなければならない。新しい山形をつくりたい」と決意を述べた。
 知事選の連続無投票は滋賀、高知の2例がある。


関連ページ: 山形 政治・行政

2016年12月29日木曜日


先頭に戻る