福島のニュース

<郡山市長選>市議の浜津氏が出馬意欲

浜津 和子氏

 任期満了に伴う郡山市長選(来年4月9日告示、16日投開票)で、市議の浜津和子氏(63)が28日、無所属で立候補する意思を明らかにした。市長選には再選を目指す現職の品川万里氏(72)、元市技監の芳賀英次氏(61)が既に立候補を決めている。
 所属する市議会最大会派の創風会が擁立を決めた。浜津氏は取材に「現在の市政は停滞している。国、県と良好な関係を築き、経済政策などを充実させ、郡山を発展させていかなければならない」と述べた。
 浜津氏は郡山市出身、茨城キリスト教短大卒。郡山市役所に入り、保健福祉部次長や市民部長を歴任。2015年市議選で初当選した。
 一方、出馬の意思を明らかにしていた芳賀氏は同日、市役所で記者会見し「(福島県の)復興をけん引するのは郡山。現市政が続けば復興どころではなくなる」と正式に立候補を表明した。創風会に支援を求めたものの、得られなかったという。


関連ページ: 福島 政治・行政

2016年12月29日木曜日


先頭に戻る