宮城のニュース

<仙台初売り>福袋も「モノ」から「コト」へ

仙台初売りを前に、慌ただしく進む福袋の袋詰め作業=仙台市宮城野区の藤崎物流センター

 新春恒例の仙台初売りが来年1月2日、仙台市中心部などで始まる。目玉となる福袋は、消費者の「モノ」から「コト」への意識の高まりを受け、大型店がそれぞれアイデアを生かした体験型の商品を用意した。JR仙台駅前で今年開業した大型商業施設も新たに加わり、例年以上の盛り上がりに期待が高まる。

 藤崎は計約5万個の福袋を販売する。服飾雑貨担当の東海太郎さん(36)は「仙台初売りは福袋を楽しみにしている人が多く、趣向を凝らした商品を用意した」とPRする。
 体験型福袋は、若手お笑いコンビと仙台市太白区坪沼で稲作を体験する福袋(1万5000円、15人限定)やセンダイガールズプロレスリングとコラボレーションした福袋(1万5000円、10人)、禁煙プログラムの福袋(2万2222円、10人)などがある。
 仙台三越も計約5万個を用意。1人限定の福袋として、仙台を中心に活躍する歌手ティーナ・カリーナさんのコンサート出演権(20万1700円)を販売する。カリーナさんが個人ボイスレッスンをするほか、コンサート当日はファンの前で一緒に歌える。
 さくら野百貨店仙台店の福袋は約1万個。例年人気のツアー福袋(1万800円)を40人限定で用意した。テーマは「英国コースランチとテーブルマナー講座」。福島県の羽鳥湖などをバスで巡り、温泉なども楽しめる。
 今回の初売りでは、JR仙台駅周辺で相次いで開業した二つの大型商業施設が初めて参加する。
 3月開業のエスパル仙台東館を運営するエスパル仙台店は、仙台駅東口に来年6月オープンするホテルメトロポリタン仙台イーストのスイートルームペア宿泊券(5万円)を3個限定で用意。ディナー付きで総額21万円相当の商品だ。
 7月開業のパルコ2はパルコ本館とともに、ファッションや雑貨、食品など「モノ」中心の福袋を約1万4000個準備した。このうち人気の衣料品ブランド「セシルマクビー」は、1万800円と2万1600円の2種類の福袋を計310個販売する。

◎主な大型店の初売り開店時刻

<午前6時>
ヨドバシカメラ マルチメディア仙台

<午前7時>
アリオ仙台泉
イービーンズ
イオン仙台店
イオン仙台中山店
ザ・モール仙台長町
セルバ、セルバテラス
仙台フォーラス
ヤマダ電機LABI仙台
ララガーデン長町

<午前7時半>
仙台パルコ、パルコ2

<午前8時>
イオン仙台幸町店
エスパル仙台(本館、U、東館)
さくら野百貨店仙台店
仙台三越
藤崎

<午前8時半>
IDC大塚家具

<午前9時>
アエル
シリウス・一番町
仙台泉プレミアム・アウトレット
仙台ロフト
タピオ
三井アウトレットパーク仙台港


関連ページ: 宮城 経済

2016年12月30日金曜日


先頭に戻る