宮城のニュース

<仙台初売り>新春 福をトリ込め

多くの買い物客でにぎわった福袋売り場=2日午前7時50分ごろ、仙台市青葉区の藤崎

 杜の都の新春を彩る仙台初売りが2日、仙台市内で行われた。中心部の商店街や大型商業施設が集まるJR仙台駅前は、福袋や豪華景品を求める多くの人たちでにぎわった。
 仙台の最高気温は平年より4.1度高い10.3度。日中は曇り空が続いたものの3月下旬並みの気温で、早朝の開店を待つ買い物客には恵みの天候となった。
 商店街では獅子舞や太鼓演奏が披露されたほか、餅や酒も振る舞われ、ムードを盛り上げた。鎌田宏仙台商工会議所会頭は「商店街も駅前も昨年より人出が多いと感じる。互いに切磋琢磨(せっさたくま)し、仙台商圏の飛躍につなげてほしい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月03日火曜日


先頭に戻る