青森のニュース

新春の空に鶴凧舞う 青森・鶴田町

津軽の空を舞う鶴凧

 鶴の形をした「鶴凧(つるたこ)」を揚げる「新春鶴凧揚げ大会」が2日、青森県鶴田町の岩木川河川敷で開かれた。町民有志による「鶴凧の会」のメンバー約15人が参加し、酉(とり)年の始まりを楽しんだ。
 鶴凧は竹やヤナギ、和紙で作られ、頭や胴体が立体的な構造になっている。縦約1.5メートル、横約2メートルで、釣りざおを使って飛ばす。
 会場は風があまり吹いていなかったため、メンバーは雪の積もる河川敷を走り回った。無事に空へ揚がった鶴凧は大きな翼を広げながら、新春の空を舞った。
 鶴凧の会の小田桐貞三会長(72)は「風がなくて難しかったが、それなりに揚がった。楽しくやれたので良かった」と話した。


関連ページ: 青森 社会

2017年01月03日火曜日


先頭に戻る