宮城のニュース

<高校サッカー>聖和学園8強逃す

 全国高校サッカー選手権第4日は3日、さいたま市の浦和駒場スタジアムなどで3回戦8試合が行われ、青森山田が聖和学園(宮城)を5−0で下し準々決勝に進出した。ほかに、2連覇を狙う東福岡や前橋育英(群馬)、滝川二(兵庫)、正智深谷(埼玉)、東海大仰星(大阪)、駒大高(東京A)、佐野日大(栃木)が8強入りした。
 前回4強の青森山田は前半、高橋のヘディングなどで3点を挙げ、後半も2点を追加し聖和学園に快勝した。遠野(岩手)は立ち上がりに失った1点が重く、前橋育英に0−1で惜敗した。
 準々決勝は5日に実施される。

 ▽3回戦
青森山田 5 3−0 0 聖和学園(宮城)
       2−0 
▽得点者【青】高橋、嵯峨、鳴海2、OG

 【評】聖和学園が大敗。青森山田の堅い守備をドリブルで突破できず、逆に素早くサイドを突かれた。前半は32分から3点を奪われ、後半にもオウンゴールなどで2失点。青森山田はシュート7本ながら鳴海の2ゴールに高橋、嵯峨も着実に得点を重ねた。


2017年01月04日水曜日


先頭に戻る