岩手のニュース

ふたマニアも熱視線 マンホールカード作製

 岩手県花巻市は、下水道のマンホールのふたを紹介するマンホールカードを4000枚作製した。全国各地のカードが人気で、同市も「ふたマニア」の熱い視線を集めている。
 ふたは花巻地方を代表する民俗芸能「鹿(しし)踊り」に菊の花を添えたデザイン。カードの企画は下水道広報プラットホームが昨年4月に始め、岩手県では初。
 先着順で市役所2階の下水道課で配る。担当者は「二つとないふたのカードを手に散策し、再び訪れて」とコレクターの訪問を心待ちにしている。(盛岡)


関連ページ: 岩手 社会

2017年01月05日木曜日


先頭に戻る