宮城のニュース

<小寒>朝雪うっすら 仙台0.7度

冬本番、街の花壇も雪化粧=5日午前8時35分ごろ、仙台市泉区の地下鉄南北線黒松駅前

 5日は二十四節気の小寒。仙台の街は穏やかだった正月から一転、うっすら雪や霜をまとって寒の入りを迎えた。
 仙台市地下鉄南北線の黒松駅前(泉区)では、植え込みに雪が残り、パンジーが冷たい風に身を震わせていた。通勤通学客は時折雪が舞う中、白い息を吐きながら駅舎に向かった。
 仙台管区気象台によると、仙台の朝の最低気温は0.7度。西部の青葉区新川では午前10時までの24時間に12センチの降雪を記録した。
 6日の宮城県は冬型の気圧配置が次第に緩み、日本海から高気圧に覆われて晴れや曇りとなる見込みだ。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月05日木曜日


先頭に戻る