宮城のニュース

<成人式>石巻・桃生 復興へ飛躍誓う

スライドショーに笑顔を見せる新成人ら

 9日の成人の日に先立ち、宮城県内トップとなる成人式が5日、石巻市桃生地区であった。新成人は恩人や古里への感謝の思いを胸に刻み、一層の飛躍を誓った。
 桃生公民館であった式典には新成人60人のうち54人が出席。会社員佐々木秀さん(20)と公務員千葉麻奈さん(20)が「多くの方々に支えられ歩んできた。地域社会の一員として東日本大震災からの復興のために活動する」などと述べた。亀山紘市長は「皆さんが築き上げていく未来が素晴らしいものとなることを祈念する」と激励した。
 式典では桃生中時代の恩師がお祝いのメッセージを送ったほか、当時の学校行事などのスライドショーが行われ、新成人は懐かしそうに見詰めていた。
 桃生地区の成人式の1月5日開催は1967年に始まり、51回目。石巻市の成人式は合併前の旧市町単位であり、他の6地区は県内の多くの市町村が開催する8日に行われる予定。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月06日金曜日


先頭に戻る