宮城のニュース

野党連携を確認 共闘会議旗開き

連携強化を確認した旗開き

 宮城県労連などでつくる県春闘共闘会議は5日、仙台市青葉区のホテル白萩で旗開きを行い、春闘や次期衆院選の勝利に向けて結束を確かめた。
 労組幹部や市民団体関係者ら約100人が参加した。代表幹事の高橋正行県労連議長は「昨年の参院選でできた野党共闘の流れを本流にしていく取り組みを進めたい」と訴えた。
 来賓あいさつで、次期衆院選比例東北ブロックに立候補を予定する共産党の舩山由美仙台市議は「人間らしい働き方を奪い取る安倍政権の暴走を止めなければいけない」と述べた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月06日金曜日


先頭に戻る