宮城のニュース

日航機が仙台空港に引き返す エンジン不具合

 5日午前8時40分ごろ、仙台発札幌行き日本航空2901便が、エンジンの防氷系統に不具合の可能性があるとして引き返し、仙台空港に午前9時半ごろ着陸した。乗客と乗員計46人にけがはなかった。運航する日航子会社のジェイエアによると、同便は5日午前7時50分ごろ離陸し、約20分後に不具合を示す表示が出た。乗客は後続便に振り替えた。同社が機体を調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月06日金曜日


先頭に戻る