宮城のニュース

<ごみ不法投棄>元亘理町議に罰金20万円

 家庭ごみを不法投棄したとして、仙台簡裁は5日までに、廃棄物処理法違反罪で、宮城県亘理町逢隈高屋、鞠子幸則・元亘理町議(59)に罰金20万円の略式命令を出した。仙台区検が略式起訴していた。命令によると、昨年9月22日〜10月2日、町内の会社倉庫敷地に家庭ごみ3袋計約9キロを捨てた。鞠子氏は共産党所属の6期目の町議だったが、逮捕翌日の昨年10月3日付で議員辞職した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月06日金曜日


先頭に戻る