宮城のニュース

希望の春へ真剣勝負! 私立中8校で入試

試験開始とともに、問題に取り組む受験生=5日午前8時40分ごろ、仙台市若林区の聖ウルスラ学院英智中

 宮城県内にある私立の中学校と中等教育学校の計8校で5日、2017年度の一般入試が一斉に実施され、3月まで続く受験シーズンが幕を開けた。
 仙台市若林区の聖ウルスラ学院英智中(生徒224人)は前期入試を行い、定員70人(後期含む)に対して73人が受験。子どもたちは教室で参考書を念入りに読み込み、午前8時40分の試験開始とともに真剣な表情で問題に取り組んだ。
 同校は今回、思考力や判断力などを測る総合問題と作文による試験を新設。従来の国語、算数2教科による試験との選択が可能になり、簡単な英会話を取り入れた面接も実施した。幅広い観点から受験生の能力を評価する狙いがある。
 ほかに入試を実施したのは宮城学院中、仙台白百合学園中、尚絅学院中、東北学院中、聖ドミニコ学院中、古川学園中の各中学校と秀光中等教育学校。合格発表はいずれも6日で、校内掲示や郵送、学校ホームページで通知する。
 公立中高一貫校の仙台二華中、古川黎明中、仙台青陵中等教育学校は7日に入試を実施する。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月06日金曜日


先頭に戻る