宮城のニュース

<ピーターラビット展>着ぐるみと記念撮影

等身大のピーターラビットと記念撮影した来場者

 世界中で親しまれているウサギのキャラクター、ピーターラビットの貴重な原画など約200点を展示した「ピーターラビット展」(河北新報社、東映など主催)が開かれている仙台市宮城野区のTFUギャラリーMini Moriで5、6の両日、着ぐるみのピーターラビットと記念撮影できるイベントがあった。
 午前と午後の計3回、等身大のピーターラビットが来場者を出迎えた。母親と一緒に訪れた幼稚園児村上律ちゃん(6)=太白区=は「絵本と同じで楽しかった。触ったらふわふわで温かかった」と喜んだ。
 同展は作者ビアトリクス・ポターの生誕150周年を記念し、2月1日まで開かれている。午前9時半〜午後5時半。観覧料は一般1200円、高校・大学生900円、小中学生600円、未就学児無料。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年01月07日土曜日


先頭に戻る