福島のニュース

<年頭訓示>復興相 被災地復興福島に重点

 今村雅弘復興相は5日、復興庁での年頭訓示で「今後の課題は生活環境の整備と産業再生、何よりも福島に最大限の力を入れる」と述べ、被災地の経済活性化と福島の復興に重点的に取り組む意向を示した。
 職員約120人を前に「大災害からの復興という崇高な使命を帯びている。皆さんの勇気と行動力にかかっている」と指示した。
 福島県担当の長沢広明復興副大臣は「今年は避難指示が解除される町村が多く、解除後から復興の仕事が始まる。現場に入り、さまざまな課題から逃げず、全て拾い上げる」と語った。
 東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の避難指示は今春、浪江町など4町村で帰還困難区域を除いて解除される見通し。


2017年01月06日金曜日


先頭に戻る