宮城のニュース

東北医科薬科大教授がセクハラ 3カ月停職

 東北医科薬科大(仙台市青葉区)は6日、女子学生にキスや抱き付くなどのセクハラ行為をしたとして、薬学部の50代の男性教授を停職3カ月の懲戒処分にしたと公表した。処分は1日付。
 医科薬科大によると、昨年2〜8月ごろにキャンパス内で、男性教授からセクハラ行為を受けたと女子学生から相談があり、発覚した。男性教授は「軽率だった。反省している」などと認めているという。
 医科薬科大の担当者は「教育者にはあるまじき行為だ。再発防止と信頼回復に努める」と話している。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月07日土曜日


先頭に戻る