秋田のニュース

<男鹿水族館>間近にアザラシ「冬の大運動会」

来館者の近くで愛らしい表情を見せる「ゴハン」

 秋田県男鹿市の男鹿水族館GAOで、アシカとアザラシを間近で観察できる「アザラシたちの冬の大運動会」が開かれている。9日まで。
 普段は飼育水槽の中で行うカリフォルニアアシカとゴマフアザラシへの餌やりを水槽の外で行う。昨年4月に誕生したアザラシ「ゴハン」が参加することもある。
 アシカとアザラシは、ひれ脚を持つ「鰭(き)脚(きゃく)類」で、水温の低い海に生息している。飼育員が動き方や餌の食べ方の違いを解説する。
 家族で東京から帰省して訪れた小学5年の江島ひなたさん(11)は「目が幼くてかわいかった。いい思い出になった」と話した。
 午前11時10分、午後2時半の1日2回。毎回アシカ、アザラシの順で行う。


関連ページ: 秋田 社会

2017年01月07日土曜日


先頭に戻る