山形のニュース

<山形知事3期目>初登庁 身引き締まる思い

山形県庁の玄関で職員の出迎えを受ける吉村知事(右)

 5日告示の山形県知事選で、3選を果たした吉村美栄子氏(65)が6日、当選後初めて県庁に登庁した。全国でもわずか3例目となる2期連続の無投票当選を経ての新たなスタートに、「身が引き締まる思い。また皆さんと一緒に頑張っていきたい」と決意を新たにした。
 吉村知事は午後1時すぎに県庁に到着し、玄関で幹部職員約70人の出迎えを受けた。臨時の部長会議で、「酉(とり)年に知事選(の勝利)を取らせて頂いた。これからは皆さんと一緒に山形創生を取りに行くということで、よろしくお願いします」と干支(えと)に掛けてあいさつした。
 知事室で報道陣の取材にも応じ、「最重要課題は人口減少対策。簡単ではないが、将来のために今できる限りのことをやらなければならない」と3期目の県政運営を見据えた。
 この日は午前7時半ごろから30分ほど山形市内の街頭に立ち、通勤中の県民に手を振って当選への感謝を伝えた。


関連ページ: 山形 政治・行政

2017年01月07日土曜日


先頭に戻る