福島のニュース

<酪王カフェオレ>アイス大人気 品切れ店も

人気商品となっている酪王カフェオレアイスクリーム

 酪王乳業(福島県郡山市)が昨年11月に発売したアイスクリームの売れ行きが好調だ。「福島のソウルドリンク」として知られる人気の乳飲料「酪王カフェオレ」味で、販売個数は既に約2万個に達した。取扱店によっては品切れも起きている。
 アイスは120ミリリットルのカップ入りで1個330円(税込み)。本宮市の東北自動車道下り線安達太良サービスエリア(SA)や同県内の土産店、スーパーなどで取り扱う。
 酪王カフェオレは1976年発売で、生乳を50%以上使った優しい味わいが特長。販売開始40周年を機に昨年夏、県内のSAなどで酪王カフェオレ味のソフトクリームを発売。好評だったため、持ち運びに便利なカップ入りアイスを考案した。
 「本当に売れるかどうか心配していたが、想像以上の売れ行きで生産が追い付かない」と担当者。追加販売を今月中旬に予定しており、「多くの人に味わってもらえるよう生産と販路拡大に努力したい」と話す。


関連ページ: 福島 経済

2017年01月07日土曜日


先頭に戻る