岩手のニュース

<遠野市長選>新人多田氏出馬へ

 任期満了(10月22日)に伴う岩手県遠野市長選で、同市のNPO法人理事で会社役員の多田一彦氏(58)が無所属で立候補する意向を固めたことが7日、分かった。
 多田氏は河北新報社の取材に「市民の力を積極的に活用し、歴史や文化など地域資源を生かしたまちづくりを進めたい」と語った。
 多田氏は遠野市出身。青山学院大卒。市職員や会社員を経て、東日本大震災の支援を目的に2011年3月、NPO法人遠野まごころネットを中心となって設立、理事長も務めた。
 同市長選で立候補の意向が明らかになったのは多田氏が初めて。3期目の本田敏秋市長(69)は態度を明らかにしていない。05年に旧宮守村と合併後、3度の市長選はいずれも無投票だった。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2017年01月08日日曜日


先頭に戻る