宮城のニュース

春の使者 輝く

日差しを浴びて輝くフクジュソウ

 宮城県南の山里に早くも春便りが届いた。白石市大鷹沢地区の農家の庭先で、フクジュソウが黄色い花を咲かせ始めた。
 日当たりのいい一條おきよさん(74)方の土手では昨年12月下旬に開花。今月に入って10輪ほどがぽつぽつと咲き、色合いの乏しい季節に彩りを添えている。
 比較的暖かい日が続いたためか、開花は昨年より約1週間早いという。一條さんは「こんなに早いのは初めて。年末に咲いてしまっては早春を告げる花とは呼べないですね」と笑う。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月10日火曜日


先頭に戻る