宮城のニュース

日常ほのぼの漫画エッセー 月刊佐藤純子出版

自書が平積みされた特設コーナーに立つ佐藤さん=仙台市青葉区のあゆみBOOKS仙台青葉通り店

 仙台市在住のイラストレーター佐藤ジュンコさん(38)の漫画エッセーをまとめた初の文庫本「月刊佐藤純子」(ちくま文庫)が出版された。イラストを描き始めた2009年から最近までの作品を掲載。身辺雑記をほのぼのとした絵柄で表現し、肩の力を抜いて楽しめる一冊に仕上がった。
 12年に刊行した「仙台文庫別冊 月刊佐藤純子」(メディアデザイン)に、描き下ろしを加えて再編集した。
 小旅行を楽しんだり、正月に太ってしまったりと何げない日常を紹介。仙台市内で書店員をしていた佐藤さんが作品を友人らに「押し配り」するうち、プロのイラストレーターになっていく軌跡をたどった。
 「どうでもいいようなことや、どうにもならないようなことばかり描いている」とほほ笑む佐藤さん。人との出会いやつながりに喜びを感じ、明るく物事を受け止める人柄がどの作品からもにじんでくる。
 書店員時代から親交のある仙台市在住の作家伊坂幸太郎さんによる著者インタビューも収録した。463ページ。税込み1026円。連絡先は筑摩書房サービスセンター048(651)0053。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月10日火曜日


先頭に戻る