宮城のニュース

<東京五輪>宮スタ整備費 知事「6月補正可能」

 村井嘉浩知事は10日の定例記者会見で、2020年東京五輪サッカー会場の候補となっている宮城スタジアム(利府町)の仮設施設整備について、「本年度中に費用負担の結論が出れば、県議会6月定例会で補正予算を組むことは可能だ」との見通しを示した。
 小池百合子東京都知事は都内に整備する仮設施設を自己負担する可能性を示唆している。村井知事は「自治体負担は納得できない。あくまで都の話であり、宮城に当てはまるとは考えていない」と述べ、大会組織委員会による原則負担をあらためて強調した。
 山形県知事選では現職の吉村美栄子氏が2期連続の無投票で3選を果たした。村井知事は「吉村さんは人気が高く、誰も戦う気が起きなかったということ」と分析した上で、「いつも厳しい選挙をしている私は未熟だと反省している。政治家として見習いたい」と述べた。
 県内の海域でカキからノロウイルスが検出され、出荷を一時休止した問題を巡っては「風評被害で価格が下落している。安全性のPRや加工品を売り出すお手伝いなどイメージアップを図りたい」と話した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年01月11日水曜日


先頭に戻る