宮城のニュース

<ノロ>宮城で依然流行

ノロウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 国立感染症研究所は10日、大流行が続くノロウイルスなどが原因の感染性胃腸炎の患者数が、直近1週間(2016年12月19日〜25日)で1医療機関当たり17.28人となり、その前の週から3.61人減ったと発表した。
 感染性胃腸炎の患者は、年末年始にかけピークを迎えることが多い。同研究所は「この冬は高い水準で推移しており、引き続き注意が必要だ」として、手洗いなどの予防徹底を呼び掛けている。
 全国に約3千ある定点医療機関から報告された患者数は1週間で5万4503人となり、前週より1万人以上減った。1医療機関当たりの患者数が多かったのは、山形(33.2人)、福井(32.68人)、宮崎(31.33人)、大分(26.61人)、山梨(25.42人)などで、宮城(23.03人)を含む13都県で流行警報の基準となる20人を超えた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月11日水曜日


先頭に戻る