宮城のニュース

<後藤光尊>基本積み重ね15年 現役引退

引退記者会見に臨んだ元東北楽天の後藤氏

 東北楽天とオリックスで内野手として活躍し、昨季限りで現役引退した後藤光尊氏(38)が10日、仙台市のコボパ宮城で引退記者会見に臨んだ。
 後藤氏は「現役続行の道を模索したが、至らなかった。さみしい気持ちが強い。さまざまな人に支えられて長い間プレーでき、感謝の思いでいっぱい」と話した。
 秋田県八郎潟町出身で、2002年ドラフト10巡目でオリックス入団。13年オフにトレードで東北楽天に移籍し、昨年10月に戦力外通告を受けた。通算成績は1361試合に出場し、打率2割6分9厘、95本塁打、476打点。
 後藤氏は現役引退した牧田明久氏(34)と共に、東北楽天が主催する少年野球スクールのジュニアコーチに就任する。「子どもたちに言葉で伝えるのは難しいが、しっかり理解できるようにやりたい」と抱負を述べた。


2017年01月11日水曜日


先頭に戻る