青森のニュース

<青森ねぶた>1200台収録 大学院生が全集

「青森ねぶた全集」を手にする工藤さん。掲載写真の展示会も開かれている
年代別、作者別などA4ファイル8冊に及ぶ「青森ねぶた全集」。青森県立図書館で閲覧できる

 弘前大大学院教育学研究科2年の工藤友哉さん(24)=青森県弘前市=が、歴代の青森ねぶたの写真1200枚を収録した「青森ねぶた全集」をまとめた。A4判ファイル8冊、各230〜700ページの労作。青森市の青森県立図書館に図書資料として収蔵され、館内で25日まで写真展も開かれている。
 工藤さんは青森市出身。幼いころからねぶたが好きで、大学入学後はスタッフとして大型ねぶたの制作にも参加している。
 大学院では彫刻分野を専攻し、「ねぶたを学術的観点から研究したい」と修士論文のテーマに選択。昭和初期から現在までのねぶたの題材や構図、人形の数などの特長をまとめた。
 研究を進める中で、歴代のねぶたを一度に見られる資料がないことに気付き、「自分で作ろう」と写真の収集を決意。2015年から青森市内のカメラ店や関係者を訪ね、1946〜2016年に出陣したねぶた約1400台の8割以上の写真を集めた。
 全集は年代や作者、運行団体など索引別に8冊に編集されており、辞典のように調べることができる。1990年代以降は、下絵やねぶたの後ろ側の「送り」の写真も載せている。
 工藤さんは「ねぶたに興味を持つ方々に見てもらいたい。自分たちの祭りについて考えるきっかけにしてほしい」と話す。


関連ページ: 青森 社会

2017年01月11日水曜日


先頭に戻る