宮城のニュース

<伊達政宗>自らの酒癖を物語る 直筆わび状

酔いが回ったような筆遣いで書かれた書状。左下は有名なセキレイの花押

 仙台藩祖伊達政宗の交友関係や酒癖を物語る直筆の書状が宮城県大崎市に寄贈され、同市が11日、報道機関に公開した。
 政宗が数え44歳だった慶長15(1610)年10月17日付で、信濃松本藩主石川康長宛てに「本日の招待に応じられない」と記したわび状。「今朝今夕なかし候へハ何共無正躰草臥申候(今朝から夕方まで酒を流し込むように飲んだので何とも正体を失うまでくたびれてしまいました)」と言い訳がつづられている。
 同市出身で、神奈川県藤沢市の元会社役員が他の書状など5点と合わせ贈った。大崎市は今秋にも同市の旧有備館で一般公開する。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月12日木曜日


先頭に戻る