宮城のニュース

利府街道一部通行止め 事故影響で上下3車線

事故に伴う道路情報板の修理のため一部通行止めとなり、渋滞した利府街道=12日午前10時30分ごろ、仙台市宮城野区岩切(写真の一部を加工しています)

 仙台市宮城野区岩切の県道仙台松島線(利府街道)で11日午前、トラックの単独横転事故があり、仙台東署は12日、壊れた道路情報板を撤去するため、上下計3車線を通行止めにした。
 仙台東署によると、通行止めになっているのは片側2車線のうち、仙台方面へ向かう上り2車線と下り1車線で、今市東交差点南側約600メートルの区間。規制は12日午前1時45分ごろに始まり、同日午後9時ごろまでの見込み。
 現場は通勤する車や輸送のトラックなどが頻繁に行き交う幹線道路で、通勤時間帯には上り車線が約6キロ渋滞した。
 事故は11日午前9時50分ごろ、同区の20代の会社員男性のトラックが横転して道路情報板の柱に衝突、男性は脚に軽いけがをした。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月12日木曜日


先頭に戻る