宮城のニュース

ぶるっ雪景色 仙台で積雪2cm

歩道に降り積もった雪をほうきで払う女性=12日午前8時40分ごろ、仙台市太白区砂押町

 北日本の上空に寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まった影響で、12日の宮城県内は広範囲で雪が降り積もった。仙台は午前9時に2センチの積雪を観測し、路面が白銀に染まった。
 仙台管区気象台によると、午前10時までの24時間降雪量は栗原市駒ノ湯28センチ、大崎市川渡18センチ、仙台市青葉区新川14センチなど。朝の最低気温は仙台で氷点下1.7度。栗原市駒ノ湯は氷点下6.4度まで下がった。
 仙台市内では歩道の雪を払ったり、足元を気にしながら職場や学校へ急いだりする姿が目立った。
 冬型の気圧配置は13日も続く見通し。西部は雪で、曇りや晴れの東部も所により雪が降りそうだ。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月12日木曜日


先頭に戻る