岩手のニュース

<遠野市長選>多田氏が出馬表明

 任期満了(10月22日)に伴う岩手県遠野市長選で、NPO法人理事の多田一彦氏(58)は11日、市内で記者会見し、無所属で立候補することを正式に表明した。
 多田氏は「若者や女性が活躍する場を増やし、人が輝く街にしたい。市外のコンサルタントではなく、市民意見を取り入れた手作りの政策を実行する」と語った。重点施策に小規模農業者の収入増や「遠野まつり」の魅力向上、市民活動のサポート拠点設置を挙げた。
 多田氏は遠野市出身、青山学院大卒。市職員などを経て現在は観光施設運営会社の役員。東日本大震災からの復興を支援するNPO法人遠野まごころネットの結成に加わり、理事長も務めた。
 市長選で立候補を表明したのは多田氏が初めて。現職の本田敏秋氏(69)は4選を目指すかどうか態度を明らかにしていない。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2017年01月12日木曜日


先頭に戻る