宮城のニュース

<アイリス>売上高過去最高1220億円

 アイリスオーヤマは12日、2016年12月期の決算予想(速報値)を発表した。単体の売上高は過去最高の1220億円で、前期比15%増。経常利益は33%増の110億円で、3年ぶりに増収増益となる見通し。
 家電や発光ダイオード(LED)照明事業が好調だった。炊飯器や布団乾燥機などがヒットした家電は、売り上げが前年より約2割伸び、全体の4割を占めた。LED照明は営業拠点の増加でシェアを伸ばした。インターネット通販の売り上げも国内外で拡大した。
 大山健太郎社長は「家電は幅広い商品を開発し、ヒットした。今春にはエアコンを発売する」と説明。「ネット通販は海外でも倍々の勢いで伸びている。アメリカ東海岸と韓国でも新たに工場を建設したい」と述べた。
 国内外のグループ23社の総売上高は前年比13%増の3460億円で過去最高。経常利益は26%増の230億円だった。17年の目標売上高は単体が1550億円、グループ全体が4000億円。


関連ページ: 宮城 経済

2017年01月13日金曜日


先頭に戻る