福島のニュース

<ドローン>世界初配送12km 沖合飛行

自動飛行のドローンがサーファーに飲料を届けた=南相馬市原町区の北泉海水浴場

 小型無人機「ドローン」の配送実験が12日、福島県南相馬市の沿岸部で行われた。自動制御で約12キロの長距離を移動、計画通りに物品を運搬するのに成功した。今後も市内で編隊飛行や、より長距離ルートでの試行を重ね、実用化に向けた技術蓄積に努める。
 実験はドローン開発・製造を手掛ける自律制御システム研究所(千葉市)が主体となって実施し、福島県、南相馬市などが支援した。研究所によると、10キロを超える配送実験は世界でも例がないという。
 機体は同市小高区を出発して沖合を高度約50メートルで飛行。隣接する原町区の北泉海水浴場に15分で到着し、重さ約500グラムの飲料を地元サーファーに届けた。
 ドローン配送をゴルフ場で実用化している楽天も協力。同社の担当者は「(東京電力福島第1)原発事故の被災地でも宅配事業の展開を検討している。実現に一歩近づいた」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2017年01月13日金曜日


先頭に戻る