福島のニュース

「デスノートに書くぞ」小学講師が児童に発言

 福島県田村市の小学校の30代男性講師が児童に対して「デスノートに名前を書くぞ」などと発言していたことが12日、市教委への取材で分かった。福島県教委は不適切な指導だとして、今後処分を検討する。
 「デスノート」は集英社(東京)の「週刊少年ジャンプ」に連載された人気漫画。ノートに名前を書かれた人間は死亡するという設定で、映画やテレビドラマにもなった。
 市教委によると、男性講師は昨年11月下旬〜12月上旬、担当する理科と体育の授業で4、6年の男女計4人に、私物のタブレット端末の画面に表示したデスノートを見せながら「名前を書くぞ」などと発言した。
 昨年末、担任教師から報告を受けた校長が男性講師を厳重注意し、講師と共に児童と保護者に謝罪した。講師は「言うことを聞かせようとして言ってしまった」と反省しているという。
 県教委の担当者は「児童との信頼関係がなかったならば不適切だ」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2017年01月13日金曜日


先頭に戻る