宮城のニュース

宮城の海の幸を東京でPR タカマツも一役

宮城県産カキをPRする高橋選手(左)と松友選手=東京・大手町

 カキなど宮城県の海の幸のおいしさを全国に発信しようと、県漁協は13日、東京・大手町に3月末までの期間限定のカキ小屋をオープンした。開店セレモニーには昨年のリオデジャネイロ五輪バドミントン女子ダブルスで金メダルに輝いた「タカマツ」ペアも駆け付け、PRに一役買った。
 千代田区大手町の東京サンケイビル1階のイベントスペースに出店したのは「宮城県漁協直送 宮城牡蠣(かき)の家 大漁や」。焼きがき、カキフライ、かき鍋、せり鍋、ギンザケの刺し身、蒸しホヤなど宮城の味覚を味わえる。キリンビール、農林中央金庫も出店に協力した。
 セレモニーで県漁協の丹野一雄経営管理委員会長が「県内の浜から直送する安全安心な水産物を食べていただきたい」とアピール。店では石巻市の「長面浦」「万石浦」、南三陸町の「志津川湾」など生産地を明記した「プレミアムブランド」のカキも提供。村井嘉浩知事は「浜ごとに特色があり、それも味わえる」と魅力を語った。
 聖ウルスラ学院英智高(仙台市若林区)出身で、みやぎ絆大使を務める高橋礼華、松友美佐紀両選手(日本ユニシス)は「宮城のおいしい食べ物を知ってもらいたい」と笑顔で話した。
 期間中無休。営業時間は平日が午後5〜11時、土日祝日が正午〜午後9時。連絡先は同店070(5015)9152。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月14日土曜日


先頭に戻る