福島のニュース

<円谷幸吉>最愛の女性 五十回忌機に心境

「いちずな人でした」と円谷の思い出を語る女性

 1964年東京五輪マラソン銅メダリストの円谷幸吉(須賀川市出身、1940〜68年)には、結婚を考えながら68年のメキシコ五輪前に破談になった女性がいた。円谷の五十回忌を迎えたのを機に、女性が河北新報社のインタビューに応じた。
 女性は円谷の1歳下で福島県在住の74歳。高校を卒業した円谷の最初の配属先、陸上自衛隊郡山駐屯地で62年まで1年間共に勤務した。円谷の一目ぼれだったようで、遠征先で買ったかすりなどの民芸品の土産や手紙がこまめに送られてきた。
 「よく、にこにこして私がいた厚生課に顔を出していました。とてもいちずで、真面目な人柄。何事にも一生懸命だった」と振り返る。
 円谷の遺体が発見された68年1月9日のことはよく覚えているという。「風が強い日で午前2時ぐらいに、住んでいたアパートの窓ガラスを人がたたくような音がしたんです」
 腰の手術をした実母が痛みが取れず苦労したのをそばで見ており、「(椎間板ヘルニアで悩んでいた)円谷さんのつらさはよく分かる」と言う。円谷の訃報に接し「気の毒だと思った。周りに、(選手を)やめるように言ってくれる人がいなかった」と思いやる。
 66年、2人の縁談は自衛隊体育学校長が結婚時期や式場の場所で横やりを入れたことをきっかけに白紙となった。女性は翌年秋、地元の男性に求愛されて結婚。「私も自衛隊にいたから分かるが、結婚でも何でも、当時は上官には逆らえない雰囲気があった」
 3年半後に再び巡ってくる東京五輪に向け「野球・ソフトボールを被災地である福島県でぜひ開催してほしい。他の競技でも円谷さんのように、国民を元気にするような活躍を期待しています」と話した。


2017年01月15日日曜日


先頭に戻る