宮城のニュース

コミュニティーFMの防災への活用探る

 臨時災害放送を昨年3月で終えた宮城県亘理町のNPO法人エフエムあおぞらは2月1日、町悠里館視聴覚ホールで、コミュニティーFMを防災に活用する方法をテーマに勉強会を開く。コミュニティーFMとして放送再開を目指す法人の活動の一環。
 東北大災害科学国際研究所の佐藤翔輔助教を講師に招き、FMの活用方法など災害時の情報収集を学ぶ。エフエムあおぞらは「FMや防災に関心のある人に参加してほしい」と呼び掛ける。
 開催時間は午後2時〜3時半と、同7時〜8時半の計2回で、内容は同じ。参加申し込み不要。連絡先はエフエムあおぞら0223(32)2293。


2017年01月16日月曜日


先頭に戻る