宮城のニュース

<タリウム事件>元名大生側が無罪主張

元名大生が住んでいたアパート。1階の自室内で森さんの遺体が見つかった=12日午後5時ごろ、名古屋市昭和区

 名古屋市で知人の高齢女性を殺害し、仙台市で同級生2人に劇物を飲ませて殺害しようとしたなどとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた名古屋大の元女子学生(21)の裁判員裁判が16日午前、名古屋地裁で始まった。
 初公判で弁護側は元名大生の責任能力を否定し、無罪を主張。検察側は「完全に責任能力はある」と反論した。判決は3月24日に言い渡される見通し。
 起訴状によると、仙台市内の私立高に通っていた2012年5〜7月、中学と高校の同級生男女2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませ、殺害しようとしたとされる。19歳だった14年12月には名古屋市の自宅アパートで、宗教に勧誘され知り合った森外茂子(ともこ)さん=当時(77)=の頭を手おので殴り、マフラーで首を絞めて殺害したほか、実家がある仙台市内の住宅に放火し、住人3人を殺害しようとしたとされる。
 元名大生は逮捕後の調べに「子どもの頃から人を殺してみたかった」などと供述。名古屋家裁は「他者の気持ちを理解できない、物事に異常に執着する」という精神発達上の障害を認めた上で「責任能力に問題はない」と判断し、検察官送致(逆送)した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月16日月曜日


先頭に戻る