宮城のニュース

<タリウム事件>元名大生 責任能力を否定

名古屋大の元女子学生の初公判で、傍聴券抽選のために並ぶ人たち=16日午前、名古屋地裁前

 名古屋市で知人の高齢女性を殺害し、仙台市で同級生2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませたとして殺人や殺人未遂などの罪に問われた名古屋大の元女子学生(21)=仙台市出身、事件当時未成年=の裁判員裁判が16日午前、名古屋地裁で始まった。初公判で弁護側は元名大生の責任能力を否定し、無罪を主張した。
 罪状認否で元名大生は、タリウム事件について「(2人が)死亡しても構わないと考えたことはない」と殺意を否認。弁護側は「非常に重い精神障害があり、各犯行に重大な影響を及ぼした。刑事責任は問えない」と述べた。
 冒頭陳述で検察側は「中学3年の頃から猟奇的な事件に関心を示し、人を殺すことへの興味を強めていった。責任能力は完全に認められる」と反論した。
 元名大生は逮捕後の調べに「子どもの頃から人を殺してみたかった」などと供述した。名古屋家裁は少年審判で「人が死んでいく過程を観察したいという好奇心を満たすため、実験として女性を殺害した」と指摘。「他者の気持ちを理解できない、物事に異常に執着する」という精神発達上の障害を認めた上で「責任能力に問題はない」として、2015年9月に検察官送致(逆送)した。
 公判では元名大生が長期間にわたり、段階的に凶行に及んだ精神状態が解明できるかが焦点となる。判決は3月24日に言い渡される見通し。
 起訴状によると、元名大生は仙台市内の私立高に通っていた12年5〜7月、中学と高校の同級生男女2人に硫酸タリウムを飲ませ、殺害しようとしたとされる。14年12月には名古屋市昭和区の自宅アパートで、宗教に勧誘され知り合った森外茂子(ともこ)さん=当時(77)=を手おので殴り、マフラーで首を絞めて殺害し、6日後に仙台市青葉区の住宅に放火し、住人3人を殺害しようとしたとされる。

[元名古屋大生事件]2015年1月、行方不明だった名古屋市の無職女性=当時(77)=が、市内のアパート浴室で遺体で見つかり、この部屋に住む当時19歳の名古屋大の女子学生(退学)が殺人容疑で逮捕された。捜査の過程で、元名大生が仙台市の私立高に在学中の12年、同級生ら2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませたほか、女性が殺害された14年12月に仙台市内で民家に放火した疑いも浮上。元名大生は殺人や殺人未遂、現住建造物等放火未遂などの罪で起訴された。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月16日月曜日


先頭に戻る