宮城のニュース

息合わせ10人11脚 児童が競走大会

息を合わせてゴールを目指す子どもたち

 小学生が10人1組で速さを競う「10人11脚競走大会」が9日、角田市総合体育館で行われた。
 10人11脚のほかに5人6脚部門もあり、計13チーム約110人が出場。30メートルのコースを3回走り、最速タイムで順位を決めた。子どもたちは声を掛け合い、息を合わせ、元気にコースを駆け抜けた。
 藤尾小6年の森美仁(みさと)さん(12)は「練習では転んだけど、みんなで力を合わせてゴールを目指せて良かった」と笑顔で話した。
 大会は今年で7回目。10人11脚はTEAM藤尾、5人6脚は角田スイミングAがそれぞれ優勝した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月17日火曜日


先頭に戻る