青森のニュース

<大間町長選>原発推進派金沢氏4選

金沢満春氏

 電源開発が大間原発を建設中の青森県大間町で、任期満了に伴う町長選が15日投開票され、原発推進派で無所属現職の金沢満春氏(66)が、いずれも無所属新人で元町課長野崎尚文氏(61)、元北海道函館市議の会社経営佐々木秀樹氏(67)、市民団体代表熊谷厚子氏(62)を破り、4選を果たした。選挙戦は16年ぶり。
 金沢氏は「先人が原発を誘致した思いを継ぎ、原発で町が発展することに力を注ぐ」と訴えてきた。
 大間原発は世界初となるプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を全炉心に装荷できる改良型沸騰水型軽水炉。長年地域で原発に反対してきた熊谷氏は、選挙戦で表だって反原発を主張せず、争点にならなかった。投票率は78.89%。

 ◇青森県大間町長選開票結果(選管最終)
当2081金沢 満春 無現
 1523野崎 尚文 無新
   79佐々木秀樹 無新
   34熊谷 厚子 無新


関連ページ: 青森 政治・行政

2017年01月16日月曜日


先頭に戻る