岩手のニュース

<復興拠点施設>図書館併設 岩手・大槌着工

被災した町中心部に整備される復興拠点施設

 岩手県大槌町の中心部で、東日本大震災で被災した町図書館を併設する「復興拠点施設」が着工され、現地で15日、安全祈願祭があった。完成予定は2018年2月。町民の交流や文化活動の場となり、にぎわいづくりの役割を担う。
 「御社地(おしゃち)」と呼ばれる地区に整備し、木造3階、延べ床面積約2220平方メートル。多目的ホールや会議室、震災や町の歴史を伝えるアーカイブ室などを設ける。建設費約11億7000万円のうち、約9億5000万円を復興交付金で賄う。
 周辺の30ヘクタールでは土地区画整理事業が進む。町は区域の想定人口を計画の2100に対し、約半分の1135と試算。施設は地域の魅力を高め、町内外から住宅建設を希望する人を呼び込む効果が期待される。
 安全祈願祭で平野公三町長は「町民の施設への期待は大きい。建てて終わりではなく、使ってもらうための取り組みも重要になる」と述べた。


2017年01月16日月曜日


先頭に戻る